マルウ接着株式会社

商社, 紙・パルプ・繊維・アパレル

マルウ接着株式会社

「われもの注意」などの宅配便ラベル。
商品名の書かれてある、酒ラベル、化粧品ラベル、食品ラベルなど。
私たちは、皆さんが普段の生活の中でよく目にする、
シールの開発・製造を行っています。

「時代が要求するものを捉える―」このようなベンチャー精神のもと、創業以来、私たちは、「マーケットを熟知し、最高の商品をお届けする。そして、お客様との間に素敵な関係を結ぶ」をモットーに、時代のニーズに的確に応えてきました。いつの時代も、ニーズを敏感にキャッチし、お客様のためにできることを考え行動する。これからも私たちは、このようなベンチャー精神で、時代を先行くコンセプトメーカー商社として、新しい時代を創っていきます。

企業名 マルウ接着株式会社
本社住所 〒799-0411 愛媛県愛媛県四国中央市下柏町780
業種 商社/紙・パルプ
募集職種 営業職、技術職、事務職、機械オペレーター、製版
雇用形態 正社員
事業内容 ・シール原紙
・平判タック
・接着荷札
・工業用粘着製品
・ラベル
・OA関連ラベルなどを
 製造・販売する「総合粘着紙メーカー」
設立 1966(昭和41)年10月
代表者 取締役社長 横尾誠二
資本金 9,965万円
売上高 125億4,600万円(2017年9月)
従業員数 365名
事業所 本社/愛媛県四国中央市
支店/東京・大阪・名古屋・福岡
沿革 1965年 1月 横尾茂敏が日本で初めて両面接着荷札を考案、企業化に成功
1966年10月 法人成“マルウ接着荷札(株)”とし資本金200万円
代表取締役に横尾茂敏が就任
1968年 5月 本社工場を現在地、四国中央市下柏780番地に移転する
1971年10月 東京支店及び大阪支店開設
1973年 9月 名古屋支店開設
1974年10月 社名変更“マルウ接着(株)”とする
1981年 2月 シール原紙の製造販売を始める
    7月 九州支店開設
1983年 4月 資本金6,500万円に増資
1985年 3月 新工場増築 全工場合計坪数2,820坪
1990年 8月 新工場増築 全工場合計坪数3,930坪
シール自動立体倉庫設置
1992年 9月 バーコード読取機POSマシンを導入
富士通K760コンピュータを導入
コンピュータの大型化を図り、本支店間の全ての業務をオンライン化
1994年 9月 旧工場に接続した新工場増築、全工場合計床面積4,604坪となる
1995年 1月 横尾茂敏、会長に就任、新社長に横尾誠二が就任
1996年 1月 立体自動倉庫にピッキング配送システムを導入
1997年 9月 フィルム専用コーターを導入
クリーンルーム内(クラス10,000)での製造を可能に
1998年 9月 小森コーポ製菊半寸伸、4色UV印刷機1号導入
特殊フィルム印刷を可能にする
2000年 9月 マルウロジスティック3F建完成1,500坪
2001年 4月・9月  ダック製自動ラベル検品機導入(4月)
東京支店新社屋建設400坪、土地470坪・フィルム専用コーターを導入
クリーンルーム内(クラス1,000)での製造を可能にする触媒式脱臭装置設置(9月)
2004年 2月 CTP導入 製版のフィルムレス化を実現
2006年 5月 大阪支店新社屋建設255坪 土地200坪
2007年10月 欠点検出器を導入し、湖面・表面基材の異物をすべて検出可能に
2008年 8月・12月 西側新工場建設2731坪(8月)
資本金を9,965万円に増資する(12月)
2009年 1月 フィルム専用コーターを導入、クリーンルーム内での製造を可能にする

この企業へのお問い合わせ