理解ナビTOP > 就活に向け準備するアイテムは?

就活に向け準備するアイテムは?

「第一印象が大事!そこから就活は始まっています!」

「身だしなみ」は社会人としてのマナーであり、信頼感を与えるための方法。
就活中は、「身だしなみ、しっかり。」+「若者らしく、さわやかに。」がポイントです。


就活の準備をしよう「先ずは、就職活動用のスーツから・・・」

>>男性のスーツをチェック

男性スーツ
ONE POINT
□ 衣服に汚れやほつれはないか
□ 衣服は折り目正しく着用しているか
□ カッターシャツの襟や袖口はきれいか
□ ネクタイは曲がっていないか
□ ボタンが取れていたり、取れかかっているものはないか
□ ズボンはプレスし、長さは適当か
□ ポケットに物を詰め込みすぎていないか
□ ネクタイは、スーツの色や柄に合っているか※できれば2~3本用意してローテーションすることをお勧め

>>女性のスーツをチェック

女性スーツ
ONE POINT
□ ボタンをしめた時、バストの周りに余裕があるか
□ 腰掛けた時に、スカートの裾がひざ上10cm程度か※長すぎても短すぎても全体のバランスが崩れるので注意
□ 衣服に汚れやほつれはないか
□ 衣服はプレスし、折り目正しく着用しているか
□ 袖口のボタンを留め、袖まくりしていないか
□ 肩にフケや抜け毛がないか
□ ボタンが取れていたり、取れかかっているものはないか
□ ポケットにペンなどのものをたくさん詰め込みすぎていないか

お手入れ
□ 早めに脱ぐ。風通しのよいところでホコリを落とし、ハンガーにかける
※できれば、専用のブラシでホコリを落とし、消臭剤をかけて、陰干ししておく。部分的なシミは落としておく。
□ 袖口などに、気づかないうちにできたシミは、実は人から見られている
□ 脱いだ後は確認して、軽いシミならぬらして固く絞った布などでふき取っておく
□ 目立つシミは、クリーニングへ! なかなかとれないシワができたら、クリーニングへ!
□ しわになっている部分は当て布をして、アイロンをかけるとシワが取れる(直接は布が傷むので、注意!)できない場合は、プロにお任せ!

就職活動では、合同説明会の会場を始め、移動手段として徒歩で移動しなけれ ばならない場合も多く在ります。靴は、たくさん歩いても疲れないものを選びましょう。 また、いくらスーツが、ビシっと決まっていても足元が汚れていると、普段は細やかな 気遣いの出来る人ではないな、などとマイナスイメージに繋がることもあります。 出かける時は、事前に磨いてメンテナンスもお忘れなく 。


>>男性の靴をチェック

ONE POINT
□ 基本的に革靴
□ ブーツ、ハイカットの革靴、スニーカーはNG
□ 靴のデザインや色は、派手すぎたり流行にあわせないのがベター
□ 靴下はスーツの色に合わせる

>>女性のパンプスをチェック

ONE POINT
□ 基本的に革靴
□ 黒や茶のプレーンパンプスが一般的
□ ヒールの高さは、就活用だと3.5cmか5.5cmが一般的
□ ヒールのない靴はラフなイメージになりやすいので、就職活動中には避けた方がベター
□ ストッキングはナチュラルな色で、伝線・たるみはないか

お手入れ
□ 脱いだら拭いておく。
□ ホコリや汚れを落としておく。
□ 皮製品なので、傷がつかないようにぬらして固く絞った布などで拭く。
□ 靴クリームを塗る。
□ 風通しのよいところで干してから保管。カビが生えないように・・・。

カバン

合同説明会での企業パンフレットや説明会での資料などはA4サイズが一般的です。 A4サイズの書類が折らずに入る、黒くてシンプルな、皮かナイロン製のカバンをお勧めします。(ここ数年、企業も差別化を図るためにパンフレットの仕様や大きさに変化が 出始めています。多少大きめのサイズが実用的かもしれません。)※リュック・布製のカバン、お店でもらえるナイロンバッグ等はNG。


お手入れ
□ 資料等は出して、掃除。
□ もらった資料は、必ず取り出して、わかりやすくまとめておく
□ 企業説明会で履歴書を取り出すときに、別の企業の資料が一緒に出てきたら、大変
□ 汚れなどふき取っておく
□ スーツは清潔感があるのに、カバンが破れていたり、色がはげていたりすると、印象が悪くなりがち

就活ノート&手帳

手帳か、使いやすいノートを用意しましょう。企業での質問や印象などを後で見直せるように、整理して記録しておきます。説明会のスケジュールや企業の情報を書き留めるための、カレンダーやメモを取れるスペースが多いタイプのものが便利です。


就活では携帯電話メールアドレスよりもPCメールアドレスを主体にしよう

会社説明会や選考の案内、合否連絡など、就職活動が進むほどに企業から大切なメールが送られてきます。携帯電話メールアドレスで登録・エントリーする場合が多いかもしれません。しかし、受信拒否(自分自身が意図していなくても)によってメールが届かない場合が多い携帯電話メールアドレスのみの登録では、大切なメールを確認できないことが多々ありますので、PC用メールアドレスも取得した方がいいでしょう。 最近では、無料のメールサービスも多くありますので(Yahoo・Googleなど)そうしたサービスを利用しましょう。また、メールアドレス取得の際はあまりくだけたものは避けましょ う。

会員ログイン

ログインID
パスワード

ID・パスワードを忘れた方

協賛企業

就活★必殺技ブログ