理解ナビTOP > 就職活動における情報収集について

就職活動における情報収集について

なぜ就職活動において、情報収集が必要なのか?

古来より、情報を制する事は、戦や政治において重要視されていきました。みなさんが臨む就職活動においても、情報を制す事つまり、情報をいかに多く集められる事が出来るかが、就職活動を有利に進められるかどうかの一つの指標になります。
代表的な情報収集の方法の一つとして、インターネットが挙げられます。今や“情報収集の主役”ともいえる程、膨大な情報が溢れています。しかし、しっかりとした目的もなくただ集めるだけでは情報の意味はありません。どうやって「得た情報を活かすのか」の方が大切なのです。
あなたが面接官だとしましょう。面接時に、「入りたい」と言ってはいるけど、企業・業界の事をほとんど知らない学生を採用しますか?逆に、企業・業界の事を沢山調べ、自分なりにその情報をまとめ、自分なりに考えを述べられる学生の方が「一緒に働きたいな」と思い採用するでしょう。情報は得るだけでは意味がありません。情報の選び方、使い方を考える事が大切です。

集めた情報の“取捨選択”の仕方

上記でも述べたように、世の中には膨大な量の情報に溢れています。それらを全て鵜呑みにしてしまうのは危険です。情報を発信する人が違えば、情報の内容も違ってきますので、まずは広く情報を集める事が大切です。そして、その情報が自分にとって使えるものなのかどうかを判断し、必要ないと判断したら捨てていきましょう。なんでもかんでも集めてそのままにしてしまうと、自分にとって本当に必要な情報がどれなのか分からなくなってしまいます。集めた情報を基に、自分だけの考えにまとめましょう。そうする事によって、自分の軸がしっかりし、効率的な就職活動が出来るようになるでしょう。

情報収集の活用ポイント

集めた情報を、「この企業で自分は何がしたいのか」「自分らしい個性や特徴は何か」「自分にしかできない事は何だろうか」をノートに向かって書き出してみてください。文字として書き出し、時には図を用いて整理する事で、今後の自分自身のキャリアを考えるのに役立ちます。最初は綺麗にまとまらなくても、これを続けていくうちに「自分はこれだけは譲れない」ポイントが浮かびかがってきます。そうすると、自分の人生の目的、仕事の目的が明確になってくると就職活動がよりスムーズに進められるでしょう。

会員ログイン

ログインID
パスワード

ID・パスワードを忘れた方

協賛企業

就活★必殺技ブログ